桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

青森県ご当地ヒーロー

最近テレビやら何やらでご当地ヒーローという単語を目にする。
地域復興のために様々な工夫をしているものだなあと遠くから眺めていましたが、ふと思った。

私の住む青森にもいるのかな?

そこで今回は青森のご当地ヒーローを紹介したいと思います。

まずは最近活躍している今が熱いヒーロー
決め台詞は「「雪で鍛えてねぶたで跳ねて守るぞ青森」

「跳人ラッセイバー」

ラッセイバー

おお!意外と見た目のクオリティーは高いんじゃないだろうか!
ん?あれでも左のラッセイバーが持っている斧型の武器、パズルのピースみたいな後がある……。

は!もしや保育園とかで使われてるやわらか組立マットじゃないか!
スーツのクオリティは高いんだからそこもうちょっと頑張って欲しかった!

ちなみに「ラッセイバー」というのは、ねぶた祭りの際に「らっせらー」という掛け声から来ています。その時に跳ねるので「跳人」なのだと思います。

手の甲には「跳」の文字、足には烏賊(いか)、肩にはほたて
持っている武器は「下北アックス(左)」と「りんごパンチ(右)」

必殺技は
「津軽じょんがラッシュ」 津軽三味線に合わせ りんごパンチといかキックのコンボ連打!!

「八甲田山キック」 八戸港の水揚げ日本一の烏賊(イカ)パワーを溜めて標高1,584mの大岳の高さから放つ跳神ラッセイバーの必殺キック

「恐山イタコ口寄せ変幻拳」 イタコのように格闘家の霊を体に憑依させ往年の技を繰り出す。(ほぼ無敵)

この必殺技の中で一つだけ異質であり特徴的なものがイタコです。
この必殺技は上記の説明通りではあるのですが、問題は誰をおろしたか。
公式HPを見ると……
過去に憑依させた実例 「ジャイ〇ント馬場」 「アンディ・〇グ」 「大鵬」 「モハ〇ドアリ」 「織田〇長公」 「マイケル〇ャクソン」 「中村〇水」 「淡谷〇〇子」

いや、いいのこれ?ジャイアント馬場とかモハメドとかアンディはいいとして、マイケルジャクソンはどうやって戦うの?
なんかポウ!とか叫んで皆躍らせて世界平和ラブ&ピースみたいな、we are the world的な?

後このヒーロー実は合体してこの姿なんだそうです。
「津軽の地吹雪・ジョッパ=リー 」と「南部のイカズチ・マサカ=リー 」が合体した姿だそうです。

さらにさらに、ラッセイバーとなってからも合体します。
東北六県のヒーロー全員で六重合体ですよ!
その名も「東北合神ミライガー!」

ミライガー

うおおお!意外と恰好いい!
私の少年心にグっときた。
あれ?でもどこに青森成分あるんだ?
そう思い検索したところ、背中にねぶたが描かれているそうです……。それだけでした。

それとラッセイバーのストーリーを言い忘れていました。

ストーリー
明日の秋田をダメにする「だじゃく組合」が秋田県を消滅(隣県へ統合)させるため青森県に進出を計るのだがそこには青森を守るヒーローが現る。

ストーリーの半分が秋田について語ってる。しかも話からして確実に本命は秋田であって、敵側も青森はついでやしのっとったら秋田攻めやすくなんじゃね?みたいな感じです。

頑張れラッセイバー!負けるなラッセイバー!
青森が本命として狙われるその日まで名前を売り続けろ!


そして私が紹介したいヒーローがもう一人います。
これは青森に住んでいる人なら絶対見た事があるはずです。

「お米大使ピカピカ」
お米大使

金曜夜、7時をつげる時に必ず流れるCM
「ご飯の国からやってきたー 
 お米大使がやってきたー
 ご飯を食べれば勇気がわくぞ
 青森もりもり 青森米!」

実は私この記事を書くにあたってこいつらを調べる前までは全国区のキャラクターだと思っていました。
それほどに青森では認知度が高い。でも有名ではない。

そしてこいつどっかに誰かに似ていると思いませんか?
「それゆけーアンパンマン!」
もはや似てるどころか作者が違ったらパクリレベル。
このお米大使もアンパンマンで有名な「やなせたかし」さんがつくってくれたキャラクターなのでセーフ!
てかそんな人がつくってくれていたなんて思わなかった。

折角だからストーリーとか理念とかも調べようと思ったけどやる気がでない。だって私にとっては今更感が強い。何年間も毎週金曜日に七時を告げるためだけに存在するキャラクター、それが私にとってのお米大使なのだ。だからそれ以上にもそれ以下にもなって欲しくない。地域特有の馬鹿げた設定とか変なストーリーを今から聞いて次から意識なんてしたくない。
だから気になる人は自分で調べてね。


というわけで青森ご当地ヒーローでした。
他にも検索すればいるのですが、今回は比較的「見やすい」ヒーローを選んでみました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR