桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

東京居酒屋と作家のラップにメイドの街

先日24日に石田衣良小説スクールに参加するため東京を訪れました。
その時の様子を報告したいと思います。

一日目
まず夜勤あがりの朝8時、一度家に帰ってお風呂に入りました。
ほかほかの体で友達の軽トラに乗り五所川原駅へ。
バスに一時間程揺られ新青森駅へ。

ふと、お土産エリアにこんなものが売っていたので二つ購入。
金魚ねぶた

一つはあちらの友達のために、もう一つは……。

新幹線で再び3時間程移動し、東京・上野へ!
人の波に流されて駅の中を移動するが出口が分からない!
地上は何処だ!出してくれ!
とりあえず喫煙所をすぱすぱ……。
その間も目だけキョロキョロと動かし出口を探す。お、出口の看板発見!
人間落ち着きが大事なのだと学びました。

地上に出るとすぐさま携帯のラインに着信がありました。
相手は明日の二日目に遊ぶ約束をしていた漫画家さん。
「渋谷までどうすんの?」
「とりあえず歩いていきますわ」
やはり街散策の基本は歩き!という事で歩いて渋谷を目指す。

……つもりだったが途中からタクシーを探していた自分がいた。

交差点付近にいたタクシーに声をかけ「渋谷まで」と懇願。
「ええ!渋谷までですか?本当にいいんですか?」
何故か運ちゃんにすごく驚かれた。この時はこの運ちゃんの驚きの意味が分からなかったが、タクシー代四千円をとられた時に全て悟った。
だってまさかそんな遠いなんて思わないじゃないか!田舎者をなめるな!
山手線乗ればよかったんじゃないかって?怖いやん……。

という訳で渋谷駅から5分の渋谷ヒカリエを目指す。
徒歩五分のはずなのに工事やら複雑な構内やらで中々辿りつけない。
ようやっとヒカリエを見つけ中に入ったはいいが、小説スクールの受付がある11階までがさらに遠い。
エレベーターが見当たんない。店内案内図はどこだ?
お、でもエスカレーターがある。
しかし8階まであがると突然エスカレーターが消えた。
9階にあがるエスカレーターだけ別の場所にあるのだ。何とも紛らわしい。設計者に訴えたい。阿呆か!

渋谷ヒカリエからみえる夜景
渋谷ヒカリエ

適当に受付を済ませエレベーターで会場入り、そこには今回の賞の最終選考者と前回の参加者が……あれ?9人しかいねえ。
前回の参加者に話しかけると、全員呼ばれるという事ではないようだ。どんな基準があるのか知らないが選ばれているらしい。
小説スクールはつつがなく終了し、懇親会がスタート。
隣の作家にビールを勧めたら酔いつぶれてしまいました。
その後、作家の石田衣良とラップし、社長の石井さんとラップしました。

石井さんとラップ
石田衣良さんとラップ

その後友人と出会い居酒屋にいったり、二日目は漫画さんと秋葉原観光、武器屋で指装甲を買ったり、御洒落なカフェで休憩したり、カラオケ行きました。
その後は居酒屋で二人語り合い。滅茶苦茶真面目な会話をして社会反対的な話をしまくりました。
しかし漫画家さんの飲む量が凄すぎて会計が半端ない。3万入っていた財布が残り千円に。
最後は上野に戻り深夜バスで青森に帰ってきました。

最後に旅行風景を動画にまとめましたので是非見てくださいな。
顔も出てます。

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

秋葉原でもっと動画撮っておけばよかったっすね~
こっちも漫画でさっさと更新しますね。
  • posted by ゆっこ 
  • URL 
  • 2015.11/30 22:06分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

ありがとうございます。
楽しみにしていますね。
  • posted by 黒木ノ桜 
  • URL 
  • 2015.12/03 00:53分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR