桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

久しぶりだね居酒屋

最近食レポばかりだけれども、小説は執筆中または公募の結果待ちだから多少はね?
てなわけで久しぶりに居酒屋に行ってきました。
割り勘の方が安くつくんじゃね?という考えのもと四人で「和居和居GAYAGAYA」へ。

パイナップル
「パイナップルなんとか?」

商品名忘れたけれどもパイナップルの酒だそうです。
新メニューにあったので何となく注文。
苦味の強いパイナップルジュースのようなものでした。
それとこのグラス、下が平らになっておらず、バランスが非常に悪い。
軽く手が触れただけで転がりそうになりました。

とりポン酢
「とりポン酢」

皿の縁についているわさびをつけて食べると絶品。
ポン酢の酸っぱさとわさびの辛みが程よい。
しょっぱいのが苦手な方はおろしを乗せるといい感じ。

タコ唐ポン酢
「ポテトフライ」「タコ唐ポン酢」

会話と酒の合間にはやはりポテトフライ。
マヨネーズとケチャップをつけてもいいけれども、そのままの方が個人的には好き。

タコはコリコリでポン酢との相性ばっちり。
表面の揚げ具合も良く、これもおろしを乗せて食べると美味。

ゲソ揚げ
「ゲソ揚げ」

タコを食ったらイカを食べたくなった。
表面のカリカリをすぎると、噛みごたえのあるイカが出てくる。
マヨネーズがいいアクセント。

お子様にゃんち
「お子様にゃんち」

名前が可愛いし、大人が頼むとギャグにしかならないのでは?と思うかもしれないが、これが意外といける。
値段も安いし、味も旨い。
大人でも美味しく食べられる一品。
特にナポリタンが純粋に旨い。単品でないのが惜しまれる。

ストロベリーワッフル
「ストロベリーワッフル」

ワッフルがふわふわではなく、想像以上にカリカリで、上にのっているアイスとの相性が抜群。
これだったら三皿いけるかもしれないと発言したところ、「じゃあ頼んでどうぞ」と言われたので前言撤回しました。
でもお腹が空いていたらいけるかもしれない。

ちなみにテーブルの下では脚でずっと足相撲をしておりまして、表情が鬼のようになっておりました。
しかも相手は女性だったので、負けたくなかったのですが、本気になったら「それでも紳士か?」と怒られました。
私は自分で一度も紳士を名乗った覚えはないのですが、そう言われると落ち込むのだから不思議。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR