桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

マック中毒の悲劇

休日の話。
久しぶりにモスに行きたくなったので、兄と一緒にモスバーガーへ行ってきました。
頼んだのはモスバーガーとなんかヘルシーなデザート↓(これ)

モスデザート

これ凄い。本当に卵とか使ってないの?
豆を使ってるみたいだけど、味も濃いし大変美味しい。
それになんか洒落てて素敵。

久しぶりに食べたモスバーガーも相変わらずのクオリティーで、全てが美味しい。正にバーガー界の上位といったところ。
しかしだ。どうしたことか私は満足できなかったのである。
何かが足りない。物足りないのだ。
ふと気付けば私はイオンに向かっていた。
その間、私の意識は雲のようにふわふわしていて輪郭のない歪な空を飛んでいる気分だった。
それからしばらくして、ようやく飛んでいた意識が脳味噌に着陸した時、私の前にはマックナゲットがあった。

マックチキンナゲット「

これは一体……
そうやって悩んだふりをした。ふりをしたというのは、実際私はこれがどういう現象なのか知っていたのだ。
「マック中毒」
何を食べても私は満足できなくなっていた。マックの驚異的な中毒性に舌が壊れてしまっていた。
チキンナゲット

「ハァ、ウマイ!ウマイヨ、マックサイコー!」
ナゲットを頬張っている私は、正常ではなかった。
この病気はもう治らない。それも理解している。だから私は抗わない。このまま何処までもジャンクになろう。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR