桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

お盆は飲む季節と思えば

お盆の季節という事もありまして、世間は里帰りであったり墓参りであったりとそれなりに騒がしくも穏やかな日々を過ごしている事でしょう。
私の友人も地元に戻ってきまして、一緒に遊んだりとそれなりに楽しんでおります。

皆様は既に墓参りに行かれたでしょうか?
私は行っておりません。わざわざ死んでいる先祖に手を合わせる時間があるならば私は自分のために時間を使います。一生懸命生きている私を先祖に見せる方が安心するのではないかと、むしろ墓に来て手を合わせる程に暇だと思われる方が恥ずかしい。
先祖様の考えは分かりませんが、嫌っている訳ではないという事が伝わってくれていればと願います。

この前のねぶた祭りで飲んだばかりだったのですが、また里帰りしてきた友人と飲むことになりまして昨日飲んできました。
カラオケのアルコール飲み放題コースを使い、適度に飲みながら互いの性癖を語りあい大いに盛り上がりました。
私の友人の性癖はどうやら「うなじ」であるらしく、彼はうなじについて熱く語っておりました。
しかし最終的に彼が出した結論は
「女性ならば誰でもいい……体があれば」
というものでした。性癖も何もあったものではありません。
彼は最低ではありますが、私も彼の話を聞いて笑いながら酒を飲んできましたので人の事を言えないですね。

そして今日もまた飲んできたのですが、そろそろ辛くなってまいりました。
里帰りしてくる友人と一人一人個別に飲んであるいていますので、もう肝臓は限界を迎えております。
しかしまだまだ友人はいる。どれだけ飲めば救われるのだろうか。
嗚呼、先祖様よ私をお助けてください。あ、墓参りしてないや……。

さらに宅飲みの約束もしておりますので、私の家にはいまだ洋酒とビールが大量に置いてあります。

宝


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR