桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

金曜の夜は居酒屋にて

社会人ならば大多数が喜びに打ち震える金曜の夜、私と友人はレイトショーの後に居酒屋にて一週間の疲れを酒で解消してまいりました。
初めて行く居酒屋だったのですが値段もそれなり量はBIG味はGOODな良い居酒屋でした。
個室に通されお通しが運ばれてくるとマナーなどしったこったないとばかりに店員が見ている前で食い尽くしてやりました。
おとおしマカロニサラダっぽいお通し

一杯目のお酒は何にしますかと問われたのですが、初めてくる居酒屋という事もありメニューが分からない。
「後で決めますねー」と店員をかえした後にじっくりとメニュー表を確認。
そこには私が今まで飲もうとしていたがいつもタイミングを逃していた「ブルーハワイ」があるではありませんか!
TVで有吉が飲んでいた事を知っていたので一度飲んでみたかったんですよ。
ちなみに私は有吉のファンということではなく、マツコのファンでありそのマツコと一緒に仕事をしている有吉が飲んでいるというだけの理由です(屁理屈)

さっそく店員さんを呼び「ブルーハワイ」「焼きチーズトマト」「鳥皮餃子」も注文。
ブルーハワイ
南極の海のように綺麗な青の酒
と書くと恰好良く聞こえますがブルーハワイです。
しかし光が薄かったせいか想像よりかは濁って見えました。
青という色は人の食欲を抑える効果があるといいますが酒だと思えばむしろ興味が湧いてしまう。

まずはと思い一口ごくりと飲み込んでみました。

うん、ブルーハワイ。


それ以外に感想が出てきませんでした。味が予想していたものと合致しすぎていて新鮮な感動なんかはありませんでした。
でも美味い!

しばらくすると鳥皮餃子と焼きチーズトマトが運ばれてきました。
ちーずとまぎょうざ

鳥皮餃子を醤油につけて半分噛みちぎるとカリッとした皮と中にある具のバランスがとてもとれていて美味しかったです。
脂×油のようなものですから少し重かったですね。

そして焼きチーズトマト君にはタバスコをかけて頂きます。
たばすことまと

かけすぎました。

箸でつまんで口に近づけると鼻の裏にタバスコの匂いがはりつき思わずむせてしまう。
唾液が口の中で荒波をおこしながら食べる事を本能で拒否していたのですが、食べならければ腹は膨れず死んでしまう。

イッツカプサイシン!

酸っぱい!辛い!痛い!
口の中でタバスコが龍の如く暴れ回り私の細胞という細胞を喉から出す火炎によって戦場跡地のように涙をこらえずにはいられない状態へと変えてしまいました。
しかし一分もするとすぐに痛み辛みは失せていき自然と次の一口が欲しくなります。癖になってしまいました。

追加注文で「ミックスピザ」「ジャガモチチーズ」を頼みました。
MIXぴざ

ぴざ!ピザ!PIZZA!
私は三大好物の中にピザが入っているほどにピザが好きです。
トロットロのチーズとワイルドなサラミ、それを受け入れる偉大なピザ生地!
芸術品ですね(確信)
もちろんこれもタバスコをかけていただきます!
たばすこぴざ

またかけすぎました。

だがさすがPIZZA、美味すぎる。
ここのピザは少し生地が分厚いイメージがありました。

さらにここにジャガモチチーズ君が登場。
断面

お腹と胸が重い。
チーズ食べ過ぎた。
ケチャップがついてきたんですが、つけなくとも餅本来の甘みとチーズの酸味だけで充分な味がありました。

なっとうちくわ小物で納豆ちくわも食べました。

この後「月見とろろ丼」「かつ丼」と二人で食べました。

やはり食事の最後はデザートでしょう。
という事で最後に「ベリーパフェ」を頼みました。
べりーぱふぇ

スプーンをもう一つ受け取り友人と二人で砂崩しのように削って食べました。
この状況を他人が見たら「ゲイorホモ」と思われそうな光景になってしまいましたが二人ともお腹が重すぎて残してはいけないという使命感だけで必死に手を動かしていましたのでそんなこと考える暇もありませんでした。

はいこれだけ食べて合計は約「4500円」也
二人で割り勘して店を去りました。

全体的にメニューも多く今回食べる事が出来なかった料理もありましたのでまた行こうと思っています。
ダイエット中ですが外食は食べるというスタンスでこれからもピザを食べて行こうと決意しました。

それではまた次回
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR