桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

トイレの神様

おひさしぶりです。
皆様絶対に生肉を食さぬように!
私のように食中毒で倒れてしまいます。
実際食中毒になってしまい二日ほど苦しんでおりました。
トイレから出ては戻り出ては戻る。
もはや部屋よりもトイレにいる時間の方が長かったため、私はトイレにいるかもしれない神様に
「申し訳ありません。今日明日はいつもより厄介になります」
と謝りながら両手を合わせて排泄をしていました。
神様を信じていない私にとってはおふざけのようなものでしたが、苦しい状況の中で見守ってくれている存在がいるのかもしれないと思うと少し気持ちが楽になりました。
排泄をしている所を見られているという訳ではなく、何かスピリチュアル的な雰囲気で見守られてる的な?

冒頭で生肉を食べぬようにと促しましたが、今回の食中毒は生肉ではありません。
「カニ味噌」です。
友人から毛蟹が手に入ったから一つあげると言われ毛蟹を貰い食べたのですが、カニ味噌が異様に苦かったのを覚えています。
こんな苦いカニ味噌があるのだろうかと初めはカニ味噌を疑ったのですが、私の舌がおかしいのかもしれないし新鮮なカニ味噌というものは苦いものであって、口に会わない私はお子様舌の可能性もあると自分を疑いそのまま食べてしまいました。
しかしその次の日に私は食中毒になったのです。さらに毛蟹をくれた友人もまた腹痛で寝込んでしまったようです。
本当の意味での飯テロを受けるとは思いませんでした。

おかげで野菜ですら口を通らず水ですら吐いてしまったため体がだるくて仕方がありません。さらに人類共通の娯楽である食事という機会を何回か分失われた悲しみを紛らわすために豪華な食事をしてきました。

豚

まずは網焼きでポークステーキ!
脂身をかりかりになるまで焼き、シンプルに塩コショウのみで味付け。
事前に包丁を入れる事無く箸で挟みこみそのまま豪快に口の中へつっこみ歯でぶっちぎる!
豚肉の歯ごたえと脂身のかりかりが脳を揺らし破壊する!
自分で焼く肉はやはり美味いものだと確信。

そこでその日の夜、さらに友人と共に焼き肉店へ!
焼肉

「カルビ」と「塩タン」
塩タンは焦げないように気を付けながら焼き、カルビは半生で頂く。
この店の味付けが良いのかタレをつけない方が美味い。
肉本来の旨みを邪魔する事無く、それどころか飾り付けるかのようにそっと添えられた味付けがたまらない。
それとこの店のナムルが美味しくて驚いた。最近は小物も美味しく出来ているのだと感動。

さて肉を食ってきたがまだ足りぬ。
もっと肉を食べなければ!
もつ

というわけで実家にて私の父と焼き肉である。
モツを大量に買ってきたとのことで私も誘われました。
ちなみに焼き肉を食べに行った次の日です。

もつもつ

モツとひとくくりにしても、部位によって味や食感がかわるため馬鹿にしてはいけない。
レバーは濃くて表面がつっぱっており中はほろほろでとても美味しい。
血液は足りているのだがレバーのおかげで新しく血液が生まれるだろう。

最近怪我をして血を流したのだが、糊のようにドロドロで黒に近い色をしていたのがショックだったのでこの後タマネギを食べまくりました。

さて私の食レポはまだ終わらない。
この日の夜にまた友人を連れて外食!
「鳥天丼」
天丼

「チキン南蛮丼」
チキン南蛮丼

私が鳥天丼で友人がチキン南蛮丼です。
この店の天丼はとても美味しい。数年前から丼を食べたい時はここに来ていました。
てんぷらの衣はかりかりで油のべちょりとした感じは一切ない。さらにレンコンはほくほくでナスはカリフワ!
鳥は青葉と一緒にあげられておりそれがまた口の中で奇跡のハーモニーを奏でていてたまらない!
「青葉という植物に感謝」
私は人生で初めて植物に感謝しました。

チキン南蛮丼は食べていないので友人の言葉になります。
友人によると
「美味しいは美味しいがチキンの中から謎の冷たい液体が溢れだしてきた」
と言っていました。
チキンの表面自体は温かいのだが中から冷たい無味無臭の液体が溢れだしてきているようで、不気味がっていました。

失われた時間を取り戻すように食べ続けた私ですが、結果
またお腹を壊しました。
そして私は自宅のトイレのドアを開けて言うのです。
「ただいま神様」
トイレの神様はそんな私を拒絶することなく迎え入れてくれました。
スポンサーサイト

*Comment

 

肉食べまくり・・・う、うらやましい。
けど、食中毒はあれなんで肉は焼くに限りますね
御愁傷さまでした。。。
  • posted by タキダ 
  • URL 
  • 2015.10/08 18:53分 
  • [Edit]

 

>タキダ
一応言っておきますと僕はダイエット中です。
  • posted by クロキノ 
  • URL 
  • 2015.10/09 17:51分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR