桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

続・真心を込めましたファック

怒り


以前ブログ記事にて真心について書きました。
簡単にまとめますと。
真の心と書いて真心、つまりは本心本音ではないか。
そして本心は常に良いものと限らない。つまり真心というものは良い意味だけの言葉ではなく悪い意味の言葉にもなりうるではないかという話です。
真心:真実の心。偽りや飾りのない心。誠意。「―のこもった贈り物」「―を尽くす」
この中にある誠意とは何か。
誠意:私欲を離れて正直にまじめに物事に対する気持。まごころ。
正直にまじめに悪意をもっている。それもまた誠意という事だ。むしろ悪意があるのに嘘を吐く方が不真面目ではないか。

これが前に書いた記事の概要です。
そしてこの怒りを友人にラインで渡すとこんな返事が返ってきました。

~原文~
哲学的なこと考えるね
答えになってるか分かんないけど君のノリで言うと

まず、真心≠本心であると言うこと。
君は少し漢字にばかり捕らわれすぎている。

真:嘘、偽りがなく正しいこと。真実。本当。

ここでの“真”とは自分の本当の感情のことではなく、道徳的に正しいことと捉える。
つまり、真心とは道徳に沿った真実の心。性善説を掲げる訳ではないが、人間は罪を犯すと大抵負い目を感じる様に心のどこかに真実の心があると思う。もちろんあくまでも個人的な意見だが。その真実の心=真心だと思う。
また、負い目を感じた時点で自分に嘘や偽りを抱いていると捉えることができる。

次に誠意とは。
君が上記したように、“私欲を離れて”とある。
ここで悪意について考えてみた。

悪意:人を憎み害を加えようとする、邪悪な心。

なぜ人を憎むのか。それは自分になにか不都合、または損失不利益がでるからではないだろうか。つまりは私欲のためなのだ。

悪意には必ずと言っても良いほど私欲が関わっており、これにより誠意とは異なると言える。

結果として、真心=誠意とは言いきれないが真心≠誠意とも言い得ない。どちらかと言えば近しいとも言い得る。

こんな感じですかね?
疲れた、久々に考えた。
内容散らばって意味解らんかも知んないけど…頑張ったんだからね!
まぁ、何回も言ってるようにほぼ自分の考えだから偏見がスゴいし、君は納得いかないかもだけど。終わりです。

~end~

私はこれを見て叫びました。

ファック!

許せん!正直言って私の自論が穴だらけである事は知っていた。特に「私欲を離れ」については馬鹿だから気付かないだろうと慢心しそこにあえて触れず渡したというのにこいつは触れてきやがった!気付きやがった!
私は友人を三つに分類分けしております。
・常識枠
・異常枠
・賢明枠
そして私は自分の自論や実験をする時に、この三つの枠の中から一人ずつ選んでそれぞれの意見を聞いて総合的に物事を考えるようにしています。そしてこの三つの枠に全て共通している事が一つあります。それは「舐めている」事です。
その舐めている友人の中からさらに常識枠という賢明でもない枠の中から出てきた返事がこれなのだ!
私の予想していた反応は「暇だね」とか「意味わかんない」とか「あっそ」とか「ふーん」とか「いいんじゃない?」とかとかとかとかああ!何故ここにきて私を気持ちよくしてくれないのだ!

まあ、面白い意見だからそこは良し

よって私は放置していた穴を埋める作業に移らなければならない。誰も触れなければしなくても良かった作業である!使わなくてもいい脳味噌だった!

まずはこの友人の自論に対して核心的事を言わせてもらおう。
この理論で言うなれば真というのは道徳的に正しい事となっている。しかしそれは性善説であり仮定でしかない。私を漢字にとらわれているといったこいつは意味を放棄して新しい意味をつけてしまったようなものだ!その時点でこの理論は破綻しているではないか!
次に!私欲を離れについて!
真心の意味である誠意には私欲を離れという意味がついている。しかし悪意には私欲がつきまとうため私の自論は成立しないと言っているのだ。
いや、まてまてまてまてと……。
悪意には私欲があると何故言い切れる。私欲を離れた悪意というものが存在しないと何故言えるのだ!
特に理由なく殺してみようと思う人だっているだろうに!自分ではなく他人のための悪意だってあるだろうに!

必ず論破して見せようこいつの理論を!
舐めていた人間に反論される悔しさよ!この想いは決して忘れぬ!
自分で言うのもあれですが私はよく分からない所でのプライドが高いです。
それも歪にくねりひねりぐるぐると訳の分からない高さを持っています。
偶然今回の件がそのプライドに触れたようです。

汚い言葉失礼いたしました。
こんな日はラップだ!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR