桜色の人鳥

適当理論と小説置き場。たまに日記。小説を読むときはカテゴリ「目次」から。

Entries

ハロウィーンの夜にシングルベッドで一人

ハロウィーンの夜。
ベッドの上でごろりと転がり映画を見ようとした瞬間。

ゴキッ

鈍い音と共に腰を痛めた。

折角のイベントの日に体に異常をきたすとは無念である。

こうなると都会で仮装をしはしゃいでいる若者が憎らしく思えてくる。

というよりハロウィーンなのかハロウィンなのかはっきりしてほしい。
どっちが正しいのだ!

それにハロウィンとは何を祝う祭りなのだ!
調べればでてくるだろうが、何も私までのる必要はない!
そう!言うなれば私は流行に乗るような事をしないCOOLな人間なのだ!

決してはしゃぐ事ができなかった言い訳ではない!ここ大事!

それにシングルベッドで一人転がるのも常識ではないか!
シャ乱Qが妙にセンチな雰囲気で歌うからまるで寂しい人みたいなイメージがあるがそれは間違いだろう!

動けないと様々な事に腹が立ってくる。
もはやハロウィンに関係のない事でもだ!

もうね。本音を言うと、はしゃぎたかったさ!
ハロウィーン!と大声で叫びたかったさ!

しかし青森の糞田舎では誰もハロウィンに興味を持っていないし仮装をする奴もいない。
そうなってくると私も何をすればいいのか分からない。

こんな記事を書いている暇があったのならばハロウィンをテーマに短編でも書けばよかったと今になって気づきさらに腹が立つ。

地元でハロウィンを味わえないのならばネットの中だけでも叫んでやる。

ハッピーハロウィーン!!

もう何が正解なのか分からない。
今回の記事も特にネタがなくて適当に打ち込んでいるだけである。
ハロウィンなのに特にいう事がない。
明日以降ハロウィン短編でも書いて記事にでもしようと思います。
せめてもの抵抗に。
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

小説をたのしみにしておりますよ
  • posted by タキダソウタ 
  • URL 
  • 2015.11/01 19:36分 
  • [Edit]

Re: NoTitle 

旬が過ぎた頃に
  • posted by 黒木ノ桜 
  • URL 
  • 2015.11/01 21:16分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR